スポンサーサイト

  • 2018.05.02 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    サルビアくつしたの新柄が入荷しました

    • 2018.03.16 Friday
    • 17:31

     

    【サルビアくつした・ブローチ入荷のお知らせ】

     

    関西では桜だよりも指折り数える日々となりました。

    お花見の予定、天気予報と近くの桜を見上げながら立てなくちゃですね!

     

    春は出会いと別れのシーズンでもあり、贈り物のご注文も増えております。

    4月から新たな気持ちで、まっさらなくつしたでのスタートはいかがですか?

     

    3月はサルビアくつしたの新作シーズンで、新たな模様が加わりました。

     

    左から…つみきブルー(全3色)¥1,800/ピアノ(全3色)¥1,800/"ざっくり編みコットンシルク"

     

    コットンシルクのくつしたは、写真のショート丈¥2,100に加え、ハイソックス¥2,600と

    メンズのショート丈¥2,300もあります。(すべて税別)

    シルク45%にコットン45%混紡で吸湿性と丈夫さを兼ね備え、年中つかえる一品です。

     

     

    そして、"salviaよそおいブローチ"vol.1も春夏秋冬の全柄が出揃いました。

    左から…春:すみれ畑/夏:さかな釣り/秋:ベリー摘み 各2,300円+税

     

    vol.2の春:小鳥のうた/夏:みなと/秋:街並/冬:結晶 もございます。

     

    ラッピングも承っております。在庫は少しづつしかありませんので

    お早めのご注文をお待ちしております。

     

     

     

    salvia BOOK & CALENDAR 第1号発売のお知らせ

    • 2017.09.17 Sunday
    • 12:12

     

    こんにちは。

    9月に入り、各地でイベントの増える季節となりました。

     

    今日はサルビア発売のご案内です。

     

    一年間お休みをいただいていた『季刊サルビア』が大きなサイズ

    となって9/15より発売されました。(年1回発行)

    salvia BOOK & CALENDAR

    名前の通り、本と2018年のカレンダーのセットになっています。

     

     

     

    MAKING THOUGHTS』と題した本は、直訳すると“考えを作る”。

    何を考えるかというと、季刊サルビアの原点でもある"日本のものづくり"

    をいかにして次の世代につなげていくか?という事です。

    文字よりもイメージしやすい素敵な写真が多めの本となっております。

    1号の特集は『糸』です。東和毛織MONDE FIL

     

    ちなみに京都のMONDEさんの糸は、お店があった頃のアンヅでも小玉や

    1玉で販売していました。レースにお花やスパンコールなど素材や色合わせ

    が見た目に可愛く、編み物以外のラッピング使いなどにも人気がありました。

     

    2018年のカレンダーは、銅板で模様を箔押ししてつくれらたすてきな厚紙

    にオフセット印刷、シルク印刷など色々な技法で職人さんの手で1枚づつ

    刷られています。(おなじみの竹内紙器製作所さん)

    カレンダーは壁にかけたり、置いたりと使い方もいろいろ。使い終わると

    ポストカードにもなります。カレンダーのケースもカードケースにお使い

    いただけます。

     

    『季刊サルビア』はどちらかというと、自分の読み物としてお買い上げ

    いただいておりましたが、こちらは英訳文も付いていますので、国内は

    もちろん、外国の方への贈りものとしてもお選びいただけます。   
      

    終わりには、セキユリヲさんの「これからのくらしに思う、4つのこと」が

    近況報告を含め掲載されています。さらなる詳細はこちらをどうぞ

     

    ¥2,000+税  

    サルビアくつした 新色のお知らせ

    • 2016.08.30 Tuesday
    • 21:24

     

    こんにちは。

     

    台風の影響で気温が下がり、

    ようやく湯船につかりたい気分になりました。

     

    今月もサルビアのくつしたのご注文をたくさんいただきました。

     

    真夏でもエアコンで足先がすぐに冷えるので、

    足首までちゃんとある"くつした"が必需品です。
     

    9月1日より、サルビアくつしたのスカンジナビアとまちばりに

    各2色づつ、新色が登場いたします。

    左から、スカンジナビア・アプリコットピンクベージュ

    まちばり・イエロー そしてもう1色、まちばりのグリーンを

    併せて4色なのですが、注文するのが遅かったようで、

    次回の仕上がり、9月末には入荷します。

    アプリコットも1足のみしか入荷しませんでした。

    一緒にご覧いただけなくてごめんなさい。

     

    その他にMONDEのソックスも久しぶりに新柄が入荷しました!

    また後日アップいたします。

     

    ざっくり編みくつした・リネン 発売

    • 2016.04.17 Sunday
    • 11:45

    こんにちは。

    まずはじめに
    〜この度の熊本地震で被災された方にお見舞い申し上げます〜

    避難用品の準備など、用意していてもどうしようもない場合が
    あるとは思いますが、人事ではない震災に備えたいと思います。


    そんな中ではありますが、サルビアの春夏のくつしたが入荷しました。
     
    リネン95%の麻のくつしたです。
    レディーズは3色
    そして、久しぶりにメンズも2色、登場しました。
    麻なので、コットンのふんわり感というよりも
    ごわっ、ざくっ、という感じです。

    暑い夏肌に密着するものは避けたいもので、
    ざっくりしたリブにより、肌への張り付きが軽減されます。

    肌に触れても涼しく感じ、濡れてもすぐ乾くなど、
    使う程になじんでいく、麻は夏にうってつけな素材なのです。

    おしゃれにかわいく、冷え対策や汗とりにお役立てください。

    季刊サルビア vol.40発売のお知らせ

    • 2016.02.27 Saturday
    • 20:38

    こんにちは。

    またまたご無沙汰をしてしまいました。
    2月ももう終わり。。。2016年の春はすぐそこ。
    季刊サルビア新刊・春号・発売のお知らせです。

    季節ごとに年4回発行『季刊サルビア40号』は、今年で10周年。
    この記念すべき号の特集は、"古きよきをあたらしく" 。



    この10年の間にサルビアからつくり出された、くつした
    旅するハンカチーフ、てぬぐい、布ナフキン、マフラー、
    バッグ、ブローチ、パンツにテキスタイル…アイテムは数知れず…
    アンヅ オンライン SHOPでは、ふんわりくつしたを中心に、
    旅するハンカチーフとバッグを販売しています。



    そして、気になる40号の内容は…
    下町に移って6年のサルビアオフィスの近況や、サルビア取り扱い店
    盛岡のSHOPさんと周辺案内・10年間で生まれ出たすてきなサルビア
    グッズや、つくり手さんからのお便り紹介、そして連載ページには、
    季刊サルビアをきれいに保存するためのぴったりサイズのケースの
    作り方を美篶堂の上島明子さんが教えてくれています☆

    さいごにサルビアからのお知らせで、今年のこの春号からは、新しく
    年2回の発行になるそうです。
    ゆっくりと時間をかけていいものを作るサルビアさんらしいですね。
    これからの季刊サルビアもどうぞお楽しみに。。。

     

    モンドのくつした入荷

    • 2015.06.26 Friday
    • 18:35

    MONDE THE SOCKS NEW COLOR 入荷のおしらせ★

    梅雨から夏へ。じめじめ、ムシムシとしてきてきましたね。
    エアコンなどで足元や足首が冷えているのです。
    頭寒足熱。夏もくつしたをはく事をおすすめします!

    MONDEのソックスは定番アイテムに新色が登場しました♪


    オカメ 3色 ¥972

    他にも大きな水玉のMARUや、サーカス、ZIGの新色も入荷しました。
    売り切れてしまうと、色廃盤になる可能性が高いのでお早めにどうぞ☆










     

    季刊サルビア37号 発売のお知らせ

    • 2015.06.21 Sunday
    • 14:59


    小冊子『季刊サルビア 37号』【 特集:テキスタイルと暮らしてみたら】 発売されました。

    紫陽花があちこちで見られますが、よく見ると花びらや形など、
    最近はたくさんの種類がありますね。
    昔からこの時期に添えられるお茶菓子『金平糖』は、まさに食べる紫陽花です。
            
    季節ごとに発行される『季刊サルビア』は、一足先に夏号を迎えました。
    梅雨が終わると始まる暑さの中で身につけるものは、やはり『麻』。
    サルビア模様のリネンのテキスタイルも同時に発売されました。
    この生地を使った、バッグ・おてんばワンピ・いろどりクッション・
    ふかふかのスツールの作り方も掲載されています。
    『アンヅ オンライン SHOP』では、この生地を使った、3色のBAG
    MサイズSサイズを販売いたします。   
            
    こちらは、Sサイズ¥3,024(税込み)Mサイズの撮影がまだなので、
    近日アップいたします。すみませんがもうしばらくお待ちくださいませ。m(_ _(m

    季刊サルビア36号 発売のお知らせ

    • 2015.02.27 Friday
    • 21:37
    小冊子『季刊サルビア』36号 が入荷しました


    関西では梅が咲き始めましたが、まだまだ油断ならぬ寒さの中、

    『数独熱』の再来です。

    一度始めると、何を置いてもやってしまうのがネックです。

    これ、世界一むづかしい数独なんだそうです。


    途中でいさぎよくあきらめ、今は簡単なのをやってます。

    そんな時に、新刊『サルビア』が届いたので、仕事!仕事!とばかりにご紹介を…

    季刊サルビア36号/特集:さらり、ふわり、ao(アオ) のガーゼ


    それぞれ織り模様の違う、素敵なガーゼたちの表紙です。

    “ガーゼ”といえば、ケガした時の…ハンカチ…いやいや、
    綿や麻の天然素材は、生地の厚みや、表情にたくさんの顔を
    持っているのです。

    そんなガーゼの魅力を今回は、新潟・糸魚川で制作されているao(アオ)さんで
    伺っています。


    キャミソールやゴムパンツ、ヘアバンドに小さいブランケットの作り方も載っています。

    見ていると、何か『ガーゼもの』がほしくなってきました。


    あ、サルビアさんから“おうちぱんつ”も同時発売されますよ☆
     

    季刊サルビア35号 発売のお知らせ

    • 2014.12.05 Friday
    • 22:14
    小冊子『季刊サルビア』35号 2014年12月1日発売

    急にぎゅっと寒くなり、あったかいものが恋しい季節となりました。

    先日、レトロな喫茶店で前から気になっていた「唐辛子ココア」という
    すごい組み合わせ!な飲み物を注文してみました。
    お味は、甘いココアの中に小さなピリピリが心地よく、おいしくて
    頭も身体もあたたまる美味なお飲み物でした☆


    さて、今月12月1日発売の『季刊サルビア』35号の特集は、
    「あったかもこもこ、編みくつした」


    お店があった頃、喫茶スペースで毎月2回ニットカフェをしていた
    店主としては、編物が出来ても、"くつしたを編む"というのは、
    敷居の高い根気のいる作業ではないかと。。
    正直言って、上級者向けです!
    おまけに「靴下」、まったく同じ物を2つ作らないといけないのですよ〜!!
    こんな事を言っていると、売れなくなっちゃいますよね。(笑)
    が、しかし、そんな中でも最近の毛糸はともかく可愛くて、
    見ているだけでも何か作りたくなってしまうのです。
    簡単なアクセサリーや、かわいいラッピング、お誕生日会などの工作…etc…
    そして、これ。「糸巻きボタン」

    羊毛で雑貨を作るイワタマユミさんが教えてくれています。
    カラフルな色の糸や少量の毛糸でできそうです☆
    海外の素敵な色合わせの毛糸がたくさん売っている、「Keito」さんの
    お話も伺っています。

    売り切れ必須な予感の1冊です。

    そして最後に、大阪で編み物も教えてもらいたいな〜という方は、
    中央区南船場にある"エッチェントリコさんのfacebook"で月2回ある
    ニットカフェのスケジュールをチェックしてみてください。
    ご近所のカフェMielさんにてお飲み物の注文と毛糸を買って
    いただいた方には無料で何でも出来上がるまでお教えしてます♪

    季刊サルビア Vol.31

    • 2013.12.03 Tuesday
    • 13:58
     『 季刊サルビア 31号 がでました 』

    今年最後のサルビアが到着しました。
    季刊誌(年4冊)発行で31号ということは、次号で早くも8年。

    今回の号は、北欧の織りの紹介とセキユリヲさんの
    デザインされたマフラーが掲載されています。


    毎号毎号、興味のある特集で、手作りをしたくなると
    何かの折りにひっぱりだして見ています。
    特に見返す号は、15号の「ポテトスタンプでテキスタイルづくり」と、
    24号の「ゴム版でパターンをつくる」です。

    年末年始には、21号の「サルビア給食室 保存食づくり」を参考に
    何か漬けてみたいと思っています。

    まだかろうじて在庫のある号で人気なのは、前出の15号と、
    22号「オープン・スクリーンでつくるテキスタイル」です。
    クリスマスカードや年賀状づくりなどにも"使える一冊"ですよ♪

    季刊サルビアバックナンバーご紹介
    サルビア ホームページ

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM